how_pc

『踵骨(しょうこつ)』の角度が微調整されて、正しい足運びで歩けます。親指・人差し指・中指の付け根にある3つのくさび型の骨『楔状骨(けつじょうこつ)』がドーム状に保たれて、足先が圧迫されず、指がしっかり使えます。土踏まずの要『舟状骨(しゅうじょうこつ)』が支えられて、長時間立っても歩いても、一日中足裏が楽なまま過ごせます。小指と薬指の付け根にある『立方骨(りっぽうこつ)』が支えられて、ぐらつかず綺麗に歩けます。足首の中にある骨『距骨(きょこつ)』に重心がくるので、高いヒールでもしっかりとした安定感を感じられます。また、嫌な足の前滑りが防げます。